TOP 業務案内 会社紹介 印刷Q&A おもしろ情報 リンク集 OUTLET

印刷Q&A

 

印刷用語集
用紙について
アート紙 上質紙を原紙とし、表明意に片面20g/m2程度の白土を塗工した紙。
(用途:ポスター、美術専門書、カタログなど)
コート紙 上質紙、中質紙を原紙とし、表面に片面10g/m2程度の白土を塗工した紙。
(用途:カタログ、カレンダー、ポスター、書籍、雑誌など)
ミラーコート紙 アート紙に高圧をかけ印刷効果をあげた強光沢紙
(用途:高精度のカラー印刷)
上質紙 化学パルプのみ使用した最も標準的な紙。表裏均一で白色度や平滑度が高い。
(用途:書籍、一般印刷、教科書、ポスター)
中質紙 化学パルプ70%以上で残り砕木パルプ。上質紙より白色度が落ちるが透けにくい。
(用途:書籍、文庫本、教科書、雑誌)
更紙 塗工がしていない種類の紙。化学パルプ40%〜70%のものと40%以下のものがある。
白色度が低く耐久性に乏しい。
(用途:週刊紙、新聞紙、マンガ雑誌)
アート紙 特殊な抄造行程によって作られた趣向が施された紙の種類。
(用途:冊子、小冊子の表紙)
用紙の厚さ
用紙の厚さは各原紙の全判(A判、B判、四六判、菊判)1000枚の重さ(紙重量)、または
1枚の紙の1u当たりの重量(g/u)で表現される。
例:家庭画報(中身) コート紙 四六判 68kg(紙重量)
家庭画報(表紙) コート紙 四六判 180kg(紙重量)
仕上りサイズ
印刷物の仕上りの寸法(大きさ)。単位はmm。
※ A全判、B全判とは、A1、B1を指します。
A0 841×1189 mm B0 1030×1456 mm
A1 594×841 mm B1 728×1030 mm
A2 420×594 mm B2 515×728 mm
A3 297×420 mm B3 364×515 mm
A4 210×297 mm B4 257×364 mm
A5 148×210 mm B5 182×257 mm
A6 105×148 mm B6 128×182 mm
A7
74×105 mm B7 91×128 mm
色数
黄(Y)、赤(M),藍(C),黒(Bk)の四色で表現。
または特色(赤に調合して作った色、金、銀など)があります。
折り加工
二つ折り、外三つ折り、観音開き折、外巻き四つ折、内巻き四つ折などがあります。
製本加工・ とじ加工
中とじ 表紙と中身を重ねて開いた真ん中の折り目を針金や糸でとじる製本方法。用途例は週刊誌やパンフレットなど。
平とじ 本の背から5mmほどの位置で針金で一括してとじる製本方法。用途はコミックや報告書など。
無線とじ 本の背を3mmほど裁断し、接着剤でとじ表紙でくるむ製本。用途は雑誌、文庫本など。
あじろとじ あらかじめ、折り行程で本の背に無数の切れ込み加工し、接着剤でとじ表紙でくるむ製本。用途は一般書籍、文庫本など。
糸とじ 本の背を糸で縫うようにとじる製本。用途は書籍、百科事典など。
印刷方法
凸版印刷 判の凸部にインクをつけて印刷する方法。
凹版印刷 判の凹部にインクをつけて印刷する方法。合成樹脂フィルムや建材にも印刷ができる。
オフセット印刷 凹凸のない判からインクをまずはゴムのブランケットに転写し、それから紙に刷る方法。
ポスターや包装紙などに使われる。
スクリーン印刷 孔版印刷の一種で版に絹(現在は化学繊維)のスクリーンを利用する印刷方法。ステッカーやシール、Tシャツや曲面印刷にも用いられる。
入稿方法
フィルム入稿 印刷用の刷版を作成するための原版となるフィルムで入稿すること。
完全データ入稿 印刷会社がまったく手を加える必要なしに出力できる高解像のデータによる入稿方法。
アタリ画像データ入稿 低解像データに、位置、トリミング、切り抜きの指示を付加して入稿する方法。
版下入稿 版下(写植文字、イラスト、図形を一枚の台紙にレイアウト通りに貼り付けたり描いたもの)を入稿する方法。DTPが一般化する前はこの方法が主流だった。