TOP 業務内容 会社紹介 印刷Q&A おもしろ情報 リンク集 OUTLET

おもしろ情報




田中プリントのある場所は京都市下京区松原通麩屋町(ふやちょう)東入る北側です。
京都は歴史の古い町、通り名の呼び方も独特です。

むかしから地元の人々に口ずさまれている「京のわらべ歌」をご存知ですか?
「まるたけえびすに おしおいけ (丸竹夷ニ押御池)〜あねさんろっかく たこにしき(姉三六角蛸錦)〜」に続く東西の通り名、そして南北の通りは「てらごこふやとみやなぎさかい (寺御幸麩屋富柳堺)〜(続きままだまだあります」と歌われています。

地図を見ていただくと、町の中心部は碁盤の目のようになっており、細かい道がびっしり通ってます。そしてその地名の由来を探ると、そこには思いがけない史実が見えてくるのです。
麩屋町は読んで字のごとく、麩屋さんが多かったからと言い伝えられています。京料理に欠かせない「麩」、近くにお寺が多かった寺町通があることから考えて、きっと精進料理に多いに利用されたことでしょう。

田中プリントはこんな歴史ある町並みの中にあり、みなさまに愛される企業を目指してまいりました。印刷技術の変遷の中、変わらぬお客さまとの心の繋がりを大切にしていきたいと思ってます。


松原不動さんには、こんないい話があります

田中プリントの入口を出れば目の前にお不動さんがあります。このお不動さんは、正式な名称を明王院不動寺といいますが、ご近所のみなさんには松原不動の名で親しまれています。
又、酉年生まれの人のお守りとして知られています。

このお不動さんにまつわるこんな良いお話があります。
松原不動
ある親子が、よく二人で松原不動に参拝に来ていました。しかし、お父さんが病気になり来られなくなってしまいました。
それからというもの、毎朝息子さんが一人で参拝し、「鐘の音だけでも」とお父さんに携帯電話で聞かせてあげていました。

残念ながらお父さんは亡くなられましたが、今でも、息子さんは毎朝お参りし、鐘を鳴らされています。本当に親思いの息子さんです。

松原不動
その鐘の音は、親子をつなぎ、今でも息子さんの想いは天国にいるお父さんへ届いている事でしょう。

みなさまも、このような心温まるお不動さんへ鐘の音を聞きに来てみてはいかがでしょう?
お越しの際は、ぜひ田中プリントへお立ち寄り下さい。(^_^)
松原不動
クリックすると書かれている内容が表示されます。


元気いっぱい!イベントも盛りだくさん!

会社行事
田中プリントの社員は明るくみんな元気です。
数ある社内イベント(野球、ボーリング大会、バーベキュー大会、研修旅行、忘年会、新年会、スキーツアー)などの模様を、社内報に掲載して楽しんでいます。

ソフトボール トレッキング 研修旅行


社員証明書を持つワンちゃん

マリリン社員証 私はマリリンです。
会社勤務は12年半、その間、無遅刻・無欠勤で真面目に勤めてきました。
この度、私は永久社員になりました。
これからも田中プリントの発展を願って、みんなを見守りたいと思います。